DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

凶作用

凶作用とは、家相地相上での凶相から発生される、運気を下げてしまう作用という意味です。

 

凶相によってその人の運気が下がってしまうこと・厄難を引き寄せてしまう・マイナスパワーが発生することを凶作用と表現しています。

 

凶相とは、手相・家相地相において、その人の運気を下げてしまいそうな良くない相のことをいいます。

 

手相・家相地相においても、強めの凶相運気を大きく下げてしまうとても悪い相)と、弱めの凶相(良い相ではないけれどもそこまで気にしないでも良いレベルの悪い相)があると、当所は考えております。

 

強めの凶相の場合には強い凶作用がでますし、弱めの凶相の場合は変化がほとんどわからないほどの弱めの凶作用がでているということになります。